民間企業への就職支援Private Company Applicants

民間企業に強い理由

本格的な就職指導は、3年生の4月の第1回就職ガイダンスから始まります。その後、4年生まで6回にわたって実施する基本ガイダンスのほか、適宜、フォローガイダンス等を開催しています。また、学生の就職意識を向上してもらうことを目的に、各種の就職支援講座を開講しています。さらに、就職希望者全員への個人面談の実施、履歴書・エントリーシートの書き方や面接トレーニングなど就活全般のきめ細やかな指導・相談に応じる体制を整えています。

こうしたキャリア支援センターのバックアップ体制に加えて、何よりも学生本人が早いうちから就職に対する意識を強く持っていることが本学の就職実績に表れています。

民間希望者への主な支援スケジュール

3年生前期

第1~2回就職ガイダンス

キャリアサポートハンドブック配布

資格取得ガイダンス

就職支援講座実施(5月~12月)

インターンシッププログラム(GIP)開始(5月~10月)

アセスメントテスト実施・結果解説会(全員)

インターンシップ(主に夏休み期間)

3年生後期

進路登録カード提出(全員)

第3~5回就職ガイダンス

就活講座、就職講演会開始

筆記試験(SPI)対策講座

個人面談(全員)

学内業界研究会

学内OB・OG訪問

ミナトコムジュニアによる支援開始

面接トレーニング

第1回学内合同企業説明会

4年生前期

第2~3回学内合同企業説明会

第6回就職ガイダンス

4年生後期

第4回学内合同企業説明会

特別就職ガイダンス

就職ガイダンスを通じて情報提供

3年生の4月から翌年6月まで、6回にわたって実施します。就職に対する心構えから具体的な選考試験の対策方法をタイミングよく伝えます。就職活動において活動方法やタイムリーな情報が重要になることは言うまでもありません。ガイダンスにて全て説明します。

個人面談により個々の状況把握と支援

就職希望者全員に「個人面談」を実施し、個別指導を行っています。近年、特に採用企業側が"人間性"を重視する傾向にあることから、「面接指導」「履歴書・エントリーシートの書き方指導」など就職全般の相談を含め、経験豊かなキャリア支援センタースタッフによる個別相談を受けることができる体制を整えています。

学内合同企業説明会により出会いの場を提供

採用企業と学生との接触の場として3月初旬から「学内合同企業説明会」を実施し、職業選択における情報確保の機会を学生に提供しています。製造・金融・流通・マスコミなどの各業界を代表する道内外の優良企業約450社から人事担当者を招いて、各業界の動きや特徴、仕事の種類などを詳しく解説します。

就職支援ポータルサイト「ミナトコム」でリアルタイムに情報提供

本学生のために立ち上げた、オリジナルの就職支援サイトが「ミナトコム」です。

本学に届いた求人情報をリアルタイムに確認できるのはもちろん、企業情報やOB・OG の在職情報なども閲覧することができます。

また、年間を通じて多数開催している各種就活講座の日時等の確認や、キャリアカウンセラーの資格を持ったスタッフによる個別相談の予約、先輩たちが体験した筆記試験情報や面接試験情報など「体験談」の閲覧などができます。

ミナトコムジュニアが後輩達の就活をサポート

就活生(民間企業志望者向け)への現役学生アドバイザーとしてキャリア支援センターが公認するサークルです。就活を終えた内定者が後輩に対し、実際の体験から就活の実情や流れを伝え、明確なイメージを持てるように同じ北海学園生の立場から支援します。個別相談やグループディスカッション、面接などのトレーニングを行っています。

学内就活講座&就職講演会で徹底的に対策できる

キャリア支援センター職員による就活講座は「筆記試験対策セミナー」「自己分析セミナー」「エントリーシート対策セミナー」「グループディスカッション対策セミナー」「面接対策セミナー」など年間延べ300コマ以上を開催。就職講演会は、外部から招いた講師による講演や、人事担当者によるパネルディスカッションを行います。

先輩たちの生の声

内定先
鹿島建設株式会社

多田 峻平SHUNPEI TADA

  • 工学部 建築学科
  • 2019年3月卒

私は2年生の夏休みに、ニセコで大工のアルバイトをしました。その時、現場で多様な職種や年齢の 人たちと協力し、トラブルを防ぎながら働く姿を見て、現場監督という仕事の責任の重さとやりがいを感じました。就活ではゼミの先生から「企業を絞るといい」とアドバイスをいただき、大規模建造物を手がけるゼネコン4社に絞り、OB訪問と現場見学をさせていただきました。その中で社員の方がみな会社と仕事に誇りを持ち、海外展開にも積極的な鹿島建設を第一志望にしました。苦労したのは、SPI試験の対策です。試験に慣れるために、2月から3月にかけて多くの試験問題を集中して解きました。エントリーシートの書き方では、山鼻の事務の方々にお世話になりました。面接では、アルバイトで知り合った海外の人たちのたくましさに憧れたことなど、自分の体験から話を広げるようにしました。入社後は、一級建築士、一級施工管理士などの資格を取り、海外でも仕事ができるような人材を目指していきたいと思います。就活では、積極的に行動することが第一です。私もゼネコンへの現場見学は、個人的にお願いして見せていただきました。それが面接や今後の人生にも役立つと思います。

就職活動の流れ

3年生 11月 OB訪問開始
2月 SPI試験対策の勉強、セミナー参加
エントリー、自己PRの作成
3月 学内合同説明会 現場見学
SPI試験 一次面接 二次面接
4年生 6月 役員面談 内定

内定先
北海道銀行

小蕎 亜衣AI KOSOBA

  • 経営学部 経営学科
  • 2019年3月卒

私はもともと銀行志望でしたが、銀行のほか菓子メーカー、旅行関係など、1社につき3~5日間、6社でインターンシップを経験しました。銀行に入ったら、色々な業界の人と仕事をすることになるので、今から他の業界も経験しておきたかったからです。インターンシップの経験は、その後のグループディスカッションや志望動機などの際に生きましたので、お勧めです。自己PRの文章が苦手だったので、キャリア支援センターの方やジョブカフェの方に修正をしてもらいました。FP3級、秘書検定2級、MOSスペシャリストなどの資格は、銀行で評価されたかもしれないと思います。面接では「常に笑顔でいる」と「難しい問題でも、自分なりに解決する」ことを自分に課していました。また、YOSAKOIサークルにおり、「チャレンジ精神の旺盛さ」もアピールしました。でも、心配性で、いくつか内定が欲しいという気持ちから数社の内定をいただいても、かえって迷う結果に。最後はジョブカフェの人にアドバイスをいただいて決めました。それぞれに準備もしたので、本当に受けたい企業の準備がおろそかになったという反省もあります。行きたい企業に絞って、集中して準備をした方がいいかもしれません。

就職活動の流れ

3年生 2月 エントリーシート記入、SPI試験対策
3月 エントリー、SPI試験、
性格診断の試験
4年生 4月 面接、銀行以外に数社の内定
6月 面接3~4回
7月 内定
  • キャリア・就職支援 のコンテンツ