民間企業への就職支援Private Company Applicants

民間企業に強い理由

本格的な就職指導は、3年生の4月の第1回就職ガイダンスから始まります。その後、4年生まで6回にわたって実施する基本ガイダンスのほか、適宜、フォローガイダンス等を開催しています。また、学生の就職意識を向上してもらうことを目的に、各種の就職支援講座を開講しています。さらに、就職希望者全員への個人面談の実施、履歴書・エントリーシートの書き方や面接トレーニングなど就活全般のきめ細やかな指導・相談に応じる体制を整えています。

こうしたキャリア支援センターのバックアップ体制に加えて、何よりも学生本人が早いうちから就職に対する意識を強く持っていることが本学の就職実績に表れています。

民間希望者への主な支援スケジュール

3年生前期

第1~3回就職ガイダンス

キャリアサポートハンドブック配布

資格取得ガイダンス

就職支援講座実施(5月~12月)

インターンシッププログラム(GIP)開始(5月~10月)

適職検査実施・結果解説会(全員)

インターンシップ(主に夏休み期間)

3年生後期

進路登録カード提出(全員)

第4~5回就職ガイダンス

就活講座、就職講演会開始

筆記試験(SPI)対策講座

個人面談(全員)

学内業界研究会

学内OB・OG訪問

ミナトコムジュニアによる支援開始

面接トレーニング

第1回学内合同企業説明会

4年生前期 第2~3回学内合同企業説明会
4年生後期

第6回就職ガイダンス

第4回学内合同企業説明会

特別就職ガイダンス

就職ガイダンスを通じて情報提供

3年生の4月から翌年6月まで、6回にわたって実施します。就職に対する心構えから具体的な選考試験の対策方法をタイミングよく伝えます。就職活動において活動方法やタイムリーな情報が重要になることは言うまでもありません。ガイダンスにて全て説明します。

個人面談により個々の状況把握と支援

就職希望者全員に「個人面談」を実施し、個別指導を行っています。近年、特に採用企業側が"人間性"を重視する傾向にあることから、「面接指導」「履歴書・エントリーシートの書き方指導」など就職全般の相談を含め、経験豊かなキャリア支援センタースタッフによる個別相談を受けることができる体制を整えています。

学内合同企業説明会により出会いの場を提供

採用企業と学生との接触の場として3月初旬から「学内合同企業説明会」を実施し、職業選択における情報確保の機会を学生に提供しています。製造・金融・流通・マスコミなどの各業界を代表する道内外の優良企業約450社から人事担当者を招いて、各業界の動きや特徴、仕事の種類などを詳しく解説します。

就職支援ポータルサイト「ミナトコム」でリアルタイムに情報提供

本学生のために立ち上げた、オリジナルの就職支援サイトが「ミナトコム」です。

本学に届いた求人情報をリアルタイムに確認できるのはもちろん、企業情報やOB・OG の在職情報なども閲覧することができます。

また、年間を通じて多数開催している各種就活講座の日時等の確認や、キャリアカウンセラーの資格を持ったスタッフによる個別相談の予約、先輩たちが体験した筆記試験情報や面接試験情報など「体験談」の閲覧などができます。

ミナトコムジュニアが後輩達の就活をサポート

就活生(民間企業志望者向け)への現役学生アドバイザーとしてキャリア支援センターが公認するサークルです。就活を終えた内定者が後輩に対し、実際の体験から就活の実情や流れを伝え、明確なイメージを持てるように同じ北海学園生の立場から支援します。個別相談やグループディスカッション、面接などのトレーニングを行っています。

学内就活講座&就職講演会で徹底的に対策できる

キャリア支援センター職員による就活講座は「筆記試験対策セミナー」「自己分析セミナー」「エントリーシート対策セミナー」「グループディスカッション対策セミナー」「面接対策セミナー」など年間延べ300コマ以上を開催。就職講演会は、外部から招いた講師による講演や、人事担当者によるパネルディスカッションを行います。

先輩たちの生の声

内定先
ホクサン株式会社

上村 菜摘NATSUMI UEMURA

  • 工学部 生命工学科
  • 2018年3月卒

ゼミではi PS細胞の研究をしていました。実験の繰り返しで研究の面白さ、大変さがよく分かったとともに、失敗の原因を考察することの重要性などを学びました。3年生のインターンシップでは、農業系の研究開発企業で色々な仕事があることを知り、視野が広がったと思います。私の就活の軸は「一緒に働きたい人がいるか」ということ。この会社に決めたのは、会社見学や説明会、選考の過程で出会う社員の方々の雰囲気に魅かれたことが、大きかったですね。一番苦労したのは、自己分析でした。「自分は何がしたいのか、何が好きでどうなりたいのか」を見つけるために、家族や友人に聞き、セミナーなどで考える機会を増やしました。ミナトコムとキャリア支援センターには、グループディスカッションや面接などでサポートをしていただき、感謝しています。また悩んだ時に相談できるので、とても安心できます。就活は辛くても、一人ではありません。人と話してリフレッシュし、また頑張ってください。応援していますよ!

就職活動の流れ

3年生 8月 インターンシップ
12月 学内セミナー、ミナトコムで対策を始める。
3月~ 札幌ドームの合同説明会に参加。
興味のある会社を30社に絞る。
4年生 4月 30社にエントリー。
筆記や面接など、15社の試験を受ける。
4月~5月 早い段階で某社から内定をもらい、ホクサンと迷った。
6月 一次試験(筆記試験、論文)、二次試験(グループディスカッション、個人面接)を経て、ホクサンから内定をいただき、就活終了。

内定先
コニカミノルタジャパン株式会社

髙島 汀子NAGIKO TAKASHIMA

  • 法学部 政治学科
  • 2018年3月卒

私はカフェでアルバイトをしており、そこのシステムが一新されたら、事務がとても楽になったことに感動し、オフィスの効率化を仕事にしようと思いました。「就活って何?」に始まり、自己分析、面接練習など、キャリア支援センターにはお世話になりました。インターンシップは「働く」ということを具体的につかめる、いい経験です。自己分析で欠点(無駄にプライドが高い)を知り、それを修正する努力もしました。「キャリぷらplus北海道」で経済紙を読み、業界・企業の研究をし、エントリーシートも見ていただきました。「ジョブスタ」では、企業人事部の方と面接練習もできました。面接では自分の素を出すとともに、「1回は面接官を笑わせよう」と、趣味の話なども積極的にしました。コニカミノルタは私の好きな駅伝が強く、志望に合っていて、やりたいことがたくさん詰まっており、「運命だ!」と思った企業。就活は早くスタートして、できることから少しずつやっていくことをお勧めします。

就職活動の流れ

3年生 10月 インターンシップを10社(北海道7社、東京3社)で経験。
筆記対策を始める。学内外のイベントに参加。
3月 合同説明会・会社説明会に参加。
4年生 4月 20社にエントリーし、10社の試験を受ける。内々定も獲得。
5月 二次面接 5社から内定をいただく。
6月 コニカミノルタから内定をいただき、就活終了。
  • キャリア・就職支援 のコンテンツ