工学研究科Top page of Graduate School of Engineering

建設工学専攻 修士課程・博士(後期)課程
電子情報生命工学専攻 修士課程・博士(後期)課程
電子情報工学専攻 修士課程※ ※学生募集停止

建設工学専攻は、社会基盤整備に深くかかわる社会環境系と建築系に分かれて、豊かな社会や快適な環境の形成に向けて理論と応用を実践する教育・研究を行っています。
電子情報生命工学専攻は、「電子」・「情報」・「生命」の各専門分野およびそれらの有機的連携から創生される未来型産業の振興に貢献する高度技術者の育成を目指し、「光・画像情報処理」、「自律移動ロボット」、「電子・デバイス」、「計算機応用技術」、「視覚及び生体情報処理」、「音声及び自然言語処理」、「免疫分子化学」、「染色体ゲノム工学」、「グリーンテクノロジー」などの分野について専門的な教育・研究を展開しています。

教育研究上の目的

本研究科は、建設工学専攻分野及び電子情報生命工学専攻分野における基礎的・応用的な専門知識と技術を身に付け、人間社会と地球の未来を見渡す広い視野を持ち、創造性豊かな研究者・技術者として、新しい科学技術の研究開発やその具体的実現を積極的に担っていく人材の育成を目指す。
(研究科規則第3条)

開設年 1991(平成3)年 建設工学専攻修士課程 開設
電子情報工学専攻修士課程 開設
1995(平成7)年 建設工学専攻博士(後期)課程 開設
電子情報工学専攻博士(後期)課程 開設
2016(平成28)年 電子情報生命工学専攻修士課程 開設
2018(平成30)年 電子情報生命工学専攻博士(後期)課程 開設
入学定員 建設工学専攻 修士課程            6人
建設工学専攻 博士(後期)課程        2人
電子情報生命工学専攻 修士課程        6人
電子情報生命工学専攻 博士(後期)課程    2人

※『大学院要覧』は2018年6月作成の内容です