連携協定Collaboration Agreement with Companies

【教育連携協定】ソーゴー印刷株式会社

ソーゴー印刷株式会社と北海学園大学人文学部との教育連携協定 2018年11月13日締結
北海道を代表する私立大学である本学、特に人文学部には、道内各地の歴史・文化を見直し、それを広く伝えることで、北海道の発展に寄与する使命があります。帯広を拠点とし印刷・出版・旅行など多方面にわたって地域の魅力を発掘・発信する事業を展開しているソーゴー印刷と協力関係を築くことで、学生に人文学的な学びを社会で生かすための経験を積ませ、有意な人材を輩出するとともに、地域社会の活性化を目指すものです。
  • 後列左から関本真乃人文学部講師、大森一輝人文学部教授、『スロウ』副編集長 片山静香様、『スロウ』編集部 猿渡亜美様 前列左から上野誠治人文学部長、ソーゴー印刷株式会社 代表取締役社長 高原淳様

  • 協定書への調印を終えた上野誠治人文学部長(写真左)と ソーゴー印刷株式会社 代表取締役社長 高原淳様(写真右)

【教育連携協定】ANAビジネスソリューション株式会社

ANAビジネスソリューション株式会社と北海学園大学との教育連携協定 2017年8月2日締結
ANAエアラインスクール運営を運営するANAビジネスソリューションから講師を派遣いただき、キャビンアテンダントやグランドスタッフ等のエアライン業界で活躍する人財の育成を目的に学内での「ANAエアラインセミナー」の開催やANAエアラインスクール(札幌地区)「ベーシック短期集中コース」での優待受講の提供などを行っています。
  • 矢澤潤子代表取締役社長(中央)と安酸敏眞学長(右)

【教育連携協定】株式会社AIR DO

株式会社AIR DOと北海学園大学人文学部との教育連携協定 2018年10月18日締結
(株式会社AIR DO と学校法人北海学園は、共に北海道と包括連携協定を締結)
この教育連携協定は、AIR DOと北海学園大学人文学部の両機関が、包括連携協定に定める「北海道を支える人づくり」に関する取り組みとして、北海学園大学人文学部が開講する各種講義に、AIR DOが講師として社員を派遣することを通じて、共に人材の育成に取り組むことを定めたものです。
株式会社AIR DOと北海学園大学経営学部との教育連携協定 2017年3月30日締結

(株式会社AIR DOと学校法人北海学園は、共に北海道と包括連携協定を締結)

この教育協定は、「北海道の翼」として地域社会の発展への貢献を目指すAIR DOと、北海道に根差す教育機関である北海学園大学経営学部がそれぞれの資源・強みを活かし、人材の育成に共に取り組むものす。学内で開催する「客室乗務員によるビジネスマナー講座」では客室乗務員でキャビンマネジャーの方を招き、挨拶・態度・表情・身だしなみ・言葉遣いを中心とした接遇の基本動作を講義中で実習を交え展開しています。

※ 北海道との包括連携協定

複数の政策分野にわたって北海道との協力関係を構築するため、連携・協力に関する協定を締結して、事業を実施していきます。株式会社AIR DOは2011年、学校法人北海学園は2013年に北海道との包括連携協定を締結しています。

  • 谷 寧久 代表取締役社長(左)、石嶋 芳臣 経営学部長(右)

【連携協定】UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)

UR都市開発機構と学校法人北海学園(北海学園大学・北海商科大学)との連携協定 2016年9月16日締結

北海学園の持つ専門知識や学生の活力を、UR都市機構(東日本賃貸住宅本部)所有の賃貸住宅団地及びその周辺地域における少子・高齢化などの諸課題などへの対応に活かし、協働して地域の活性化を図り、さらには「地域の活性化」に貢献する人材の養成を目的とするものです。

  • 北海学園森本正夫理事長(左)とUR東日本賃貸住宅 岡雄一本部長(右)

  • 団地にお住まいの方への色彩調査の様子