法学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Law

法学部 政治学科

山本 健太郎(ヤマモト ケンタロウ)教授YAMAMOTO Kentaro

主要
担当
科目

学士課程
現代政治学
修士課程
政治学特論Ⅰ・Ⅱ
博士(後期)課程
政治学特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
最終学歴 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了
取得学位 学士(経済学)(東京大学)
修士(学術)(東京大学大学院)
博士(学術)(東京大学大学院)
所属学会 日本政治学会(2019-2020年報編集委員、2021-2022年度書評委員)
日本公共政策学会(2018年6月より理事)
日本比較政治学会
日本選挙学会(2016-2017年 企画委員)
アメリカ政治学会
専門分野 政治学、現代日本政治
研究
テーマ
政治家の政党間移動と政党システムの変化

研究活動

研究業績
(10点以内)
著書 『政界再編:離合集散の30年に何を学ぶか』(単著)中公新書、2021年
著書 『政党間移動と政党システム:日本における「政界再編」の研究』(単著)木鐸社、2010年
著書 『政治学入門(第二版)』(共著)弘文堂、2020年
著書 『政治学の方法』(共編著)有斐閣、2014年
著書 『政治主導の「教訓」』(共著)勁草書房、2012年
著書 『日本政治の変貌』(共著)勁草書房、2009年
著書 Legislative Party Switching and the Foundations of Party Politics(共著)Palgrave Macmillan、2009年
学術論文 「何が政党システム変容をもたらすのか」(単著)『年報政治学2021-Ⅰ』15-39ページ、2021年
学会発表 「何が政党システム変容をもたらすのか:1990 年代以降の日本を題材に」(単独発表)日本政治学会研究大会、2020年9月26日
学会発表 「議員の再選志向と政党の選挙戦略:選挙区移動にみる政党執行部の影響力」(単独発表)日本政治学会研究大会、2017年9月24日
科研費等学外資金による研究 科研費(特別研究員奨励費)『議会政党の人材養成システムに関する比較研究』(平成23年度から平成24年度)
公的社会活動 北海道明るい選挙推進協議会会長(2016年9月から現在)

法学部教員一覧へ