法学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Law

法学部 法律学科

鵜殿 慧(ウドノ ケイ)准教授UDONO Kei

主要
担当
科目

学士課程
倫理学
最終学歴 University of Reading(United Kingdom), School of Humanities, Department of Philosophy, PhD program in Philosophy 修了
取得学位 学士(哲学)・慶應義塾大学
修士(哲学)・慶應義塾大学
Ph D in Philosophy, University of Reading (United Kingdom)
所属学会 日本哲学会
関西哲学会
日本イギリス哲学会
ヒューム研究学会
日本生命倫理学会
日本医学哲学・倫理学会
日本倫理学会
関西倫理学会
日本科学哲学会
西日本哲学会
The Aristotelian Society
The Hume Society
専門分野 哲学、倫理学
研究
テーマ
近現代英米哲学、ヒュームの認識論、道徳哲学、医療生命倫理

研究活動

研究業績
(10点以内)
学術論文 “The Harm of Being Brought into Existence: A Critical Examination of David Benatar’s Anti-Natalist Argument,”Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine, 12号, 3-13項, 2018年.
学術論文 「研究におけるプロフェッショナルな意思決定の測定と尺度化-“Professional Decision-Making in Research (PDR):The Validity of a New Measure”の評価と分析を中心として-」, 『Studia humana et naturalia』(京都府立医科大学教養論文集), 第51号, 45-74項, 2018年.
学術論文 “Do We Have a Duty to Die?: Analyzing Hardwig’s Bioethical Argument for a Duty to Die,”『関西学院大学徹学研究年報』, 52号, 52-91項, 2018年.
学術論文 Hume’s Virtue Epistemology,博士学位論文(University of Reading), 270頁, 2017年.
学術論文 “Internalism vs. Externalism in Hume’s Epistemology,”『関西学院哲学研究年報』, 49 号, 23-64頁, 2016年.
学術論文 “Agency, Virtues and Reliability in Hume’s Epistemology,”『関西学院哲学研究年報』, 48号, 84-100頁, 2015年.
学術論文 「ヒュームの信頼性主義」, 『アルケー』(関西哲学会), 第128巻第800 号, 194-215頁, 2013年.
学術論文 「ヒュームによる「原因」の「定義」」, 『イギリス哲学研究』(日本イギリス哲学会), 第34号, 19-34頁, 2011年.
科研費等学外資金による研究 平成30年度日本学術振興会科学研究費補助金 (特別研究員奨励費) 「ヒューム的視点からの認識論と生命倫理のインターフェイス」  (代表者) 
学術賞受賞歴 第一回関西哲学会研究奨励賞(受賞論文:「ヒュームの信頼性主義」), 2013年
関西学院大学ランバス留学基金(課題: ヒューム因果論の現代的意義の発掘), 2011年  

法学部教員一覧へ