法学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Law

法学部 政治学科

岩坂 将充(イワサカ マサミチ)教授IWASAKA Masamichi

主要
担当
科目

学士課程
比較政治学
修士課程
比較政治学特論Ⅰ・Ⅱ
最終学歴 ビルケント大学大学院経済社会科学研究科政治学専攻博士課程(トルコ) 単位取得退学、上智大学大学院外国語学研究科地域研究専攻博士後期課程 単位取得満期退学
取得学位 学士(外国研究)(上智大学)
修士(地域研究)(上智大学大学院)
博士(地域研究)(上智大学大学院)
所属学会 International Political Science Association
Mediterranean Studies Association
日本比較政治学会
日本政治学会
日本中東学会
日本国際政治学会
専門分野 比較政治学、現代トルコ政治研究、中東イスラーム地域研究
研究
テーマ
現代トルコにおける民主化・政軍関係・対外政策

研究活動

研究業績
(10点以内)
著書 「民主主義の後退と政治の『大統領制化』の射程―トルコの事例から」、岩崎正洋編著『議会制民主主義の揺らぎ』勁草書房、2021年3月。
著書 「対クルド政策―トルコ国家とクルド問題の変容」、松永泰行編『「境界」に現れる危機(グローバル関係学2)』岩波書店、2021年2月。
著書 「トルコ」、松尾秀哉・近藤康史・近藤正基・溝口修平編著『教養としてのヨーロッパ政治』ミネルヴァ書房、2019年6月。
著書 「国内治安―クルド問題における和平の試みと失敗」、中村覚監修・間寧編著『トルコ(シリーズ・中東政治研究の最前線1)』ミネルヴァ書房、2019年6月。
学術論文 「トルコの選挙制度における阻止条項の機能低下―人民民主党をめぐる戦略と選挙連合」 、『年報政治学』2021-1号、62-80頁、2021年6月。
学術論文 「トルコにおけるCOVID-19の流行と政治への影響」 、『中東研究』第540号、27-42頁、2021年1月。
学術論文 「トルコ・北キプロス関係の変化と東地中海地域の安全保障」、『国際安全保障』第48巻第1号、43-59頁、2020年6月。
学術論文 ❝The Border between Political Inclusion and Exclusion in Turkey: An Analysis from the Viewpoint of Civil-Military Relations,❞ Annals of Japan Association for Middle East Studies, Vol.35 No.1, pp.95-118, August 2019.
学会発表 ❝A Transformation of Horizontal Accountability in Turkey?: Judicial Reforms and Their Influence on Judicial Review,❞ The 26th World Congress of Political Science, International Political Science Association (IPSA), in Lisbon, Portugal (Online), July 2021.
学会発表 「トルコにおける体制持続と軍―2016年クーデタ未遂と文民統制の分析から」、日本比較政治学会第24回研究大会(於慶應義塾大学・オンライン)、2021年6月。
科研費等学外資金による研究 科学研究費助成事業(若手研究B)「トルコの『民主化』過程における司法の役割」、2014年4月-2018年3月
科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)「トルコにおける法の支配と軍―クーデタ時の憲法裁判所と正統性の役割を中心に」、2011年4月-2014年3月

法学部教員一覧へ