人文学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Humanities

人文学部 日本文化学科

丸島 歩(マルシマ アユミ)准教授MARUSHIMA Ayumi

主要
担当
科目

学士課程
日本語教授法Ⅰ・Ⅱ
修士課程
日本語研究特殊講義Ⅰ
最終学歴 筑波大学大学院 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻 一貫制博士課程修了
取得学位 博士(言語学)
所属学会 日本語教育学会
日本音声学会
日本実験言語学会
日本語音声コミュニケーション学会
社会言語科学会
日本語ジェンダー学会
専門分野 実験音声学
研究
テーマ
演技音声にあらわれるジェンダーの表現

研究活動

研究業績
(10点以内)
学術論文 「ミャンマー人学習者の日本語発音の特徴について : 教科書の読み上げデータから 」『筑波応用言語学研究』第28号(共著)、2022年1月
学術論文 「外国につながる子どもとその親の日本語習得を目的とした日本語児童文化財活用の可能性 ー絵本の語彙分析を通じて—」『新島短期大学子ども学研究論集』第7号(共著) 、2021年9月
学術論文 「大学生等の依頼表現の変化」『人文論集』第71号、2021年8月
学術論文 「女性声優の演技音声にあらわれるジェンダーの表現 ―母音フォルマントに着目して―」『新人文学』17号、2020年12月
学術論文 「女性声優による役柄の性別の異なる音声の音響的特徴 ―基本周波数に着目して―」『大阪経済法科大学論集』第135号、2020年3月
学術論文 「韓国人日本語学習者の音声の時間的特徴とその速度感」『実験音声学・言語学』第9号、2017年3月
学術論文 「セブアノ語を母語とする日本語学習者の母音知覚に関する予備的考察」『言語学論叢(オンライン版)』第9号、2016年12月
学術論文 「速度変化をともなう音声の速度感とその規定要因」『実験音声学・言語学研究』第4号、2012年3月
学会発表 「女性声優が演じる演技音声における役柄の性差 ―文末イントネーションに着目して―」『第13回日本実験言語学会研究大会』2020年9月
学会発表 「韓国人日本語学習者の音声の速度感と評価」『日本語教育国際研究大会2016』2016年9月
科研費等学外資金による研究 科学研究費助成事業若手研究「メディアの音声表現におけることばのジェンダーのイメージ」(2019年度~)
公的社会活動 『実験音声学・言語学研究』編集委員
「日本語学習支援者に対する研修」(文化庁「令和3年度 日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業」) 研修評価委員、事業評価委員、研修カリキュラム検討委員、教材・開発検討委員

人文学部教員一覧へ