工学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Engineering

工学部 電子情報工学科

笹森 崇行(ササモリ タカユキ)教授SASAMORI Takayuki

主要
担当
科目

学士課程
電気回路Ⅰ
最終学歴 東北大学大学院工学研究科電気及通信工学専攻博士課程後期3年の課程 修了
取得学位 学士(工学) (東北大学)
修士(工学) (東北大学大学院)
博士(工学) (東北大学大学院)
所属学会 電子情報通信学会
IEEE (米国電気電子学会)
専門分野 通信工学,アンテナ工学,高周波工学,無線工学
研究
テーマ
アンテナ・電波伝搬

研究活動

研究業績
(10点以内)
その他 ネットワークアナライザを利用したアンテナ測定の基礎と応用, 笹森崇行, 電子情報通信学会学会誌, vol.102, no.4, pp.342-345, 2019.
学会発表 [チュートリアル講演]平衡アンテナの入力インピーダンス測定法 ~Sパラメータ法の高精度化の検討~,笹森崇行, 電子情報通信学会技術研究報告, AP2018-50, 北大, 2018年7月.
学会発表 Improvement of Measurement by S-Parameter Method using Transmission Line Theory, Takayuki Sasamori, Teruo Tobana and Yoji Isota, 2017 IEEE CAMA, WD1.2, pp.411-413, Dec. 2017.
学術論文 Investigating the Semi-Rigid Cable of a Jig to Improve the S-Parameter Method, Ryuta Tozawa, Takayuki Sasamori, Teruo Tobana and Yoji Isota, IEICE Communications Express, vol.6, no.6, pp.352-357, June 2017.
学会発表 Influence of Jig Made of Microstrip Line for S-Parameter Method, K. Endo, T. Sasamori, T. Tobana and Y. Isota, ISAP2016, 2E3-5, pp.258-259, Okinawa, Japan, October 24-28, 2016.
学術論文 Accurate measurement of the input impedance of bow-tie antenna by the S - parameter method, K. Endo, T. Sasamori, T. Tobana, Y. Isota, IEICE Communications Express, vol.5, no.6, pp.158-162, June 2016.
学術論文 平行に配置したマイクロストリップ線路とスロット間の電磁結合の解析, 戸花照雄, 笹森崇行, 礒田陽次, 電子情報通信学会論文誌(B), vol.J99-B, no.3, pp.165-173, 2016年3月.
学術論文 マイクロストリップ線路を用いたSパラメータ法用ジグに関する検討 ―基板端コネクタによる影響―, 笹森崇行, 遠藤和麻, 戸花照雄, 礒田陽次, 電子情報通信学会論文誌(B), vol.J98-B, no.9, pp.1002-1005, 2015年9月.
学術論文 S-parameter Method and Its Application for Antenna Measurements, T. Sasamori and T. Fukasawa, IEICE Transactions on Communications, vol.E97-B, no.10, pp.2011-2021, October 2014
学術論文 Sパラメータ法を用いた入力インピーダンスの広帯域測定, 笹森崇行, 戸花照雄, 礒田陽次, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J96-B, No.9, pp.1067-1075, 2013年9月.
学術賞受賞歴 電子情報通信学会 通信ソサイエティ,活動功労賞(編集副委員長),2018年9月.
電子情報通信学会 通信ソサイエティ,活動功労賞(編集委員),2016年9月.
電子情報通信学会 通信ソサイエティ, Best Tutorial Paper Award, 2016年5月.
電子情報通信学会 通信ソサイエティ,活動功労賞(査読関連),2012年9月.
The 2008 International Symposium on Antennas and Propagation, Best Paper Award, Oct. 2008.
電子情報通信学会, 学術奨励賞, 1997年3月.
公的社会活動 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 和文論文誌編集委員長, 2019年6月~現在
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 和文論文誌編集副委員長, 2016年6月~2018年5月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 和文論文誌編集委員, 2011年6月~2016年5月
電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会,委員長, 2018年4月~2020年3月
電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会,企画幹事, 2016年4月~2018年3月
電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会,総務幹事, 2014年4月~2016年3月
電子情報通信学会 『Special Section on Antenna and Propagation Technologies Contributing to Realization of Next Generation Wireless Systems』英文論文誌小特集編集委員会,編集幹事,2015年8月~2017年2月
電子情報通信学会 『Microwave and Millimeter Wave Technologies』英文論文誌小特集編集委員会,編集委員,2014年6月~2015年7月
北海道総合通信局 防災情報を住民へ伝達する簡易な無線システムのための周波数有効利用技術に関する調査検討会,副座長, 2017年6月~2018年3月
電子情報通信学会 東北支部 ,支部委員,2016年5月~2017年3月
IEEE仙台支部 ,Section Executive Committee,2012年1月~2015年12月
IEEE CAMA 2017 (IEEE International Conference on Antenna Measurements & Applications), Technical Program Committee Co-Chair., 2016~Dec. 2017.
ISAP 2016 (International Symposium on Antennas and Propagation), Registration Committee Co-Vice Chair., 2013~Oct. 2016.
APMC 2014 (Asia-Pacific Microwave Conference), Technical ProgramCommittee Member, 2013~2014.

工学部教員一覧へ