経済学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Economics

経済学部 地域経済学科

大貝 健二(オオガイ ケンジ)准教授OGAI Kenji

主要
担当
科目

学士課程
経済地理学、経済地理学入門
修士課程
地域経済論特殊講義
最終学歴 京都大学大学院経済学研究科、経済動態分析専攻、単位修得退学
取得学位 学士(学術)(高知大学)
修士(経済学)(京都大学)
博士(経済学)(京都大学)
所属学会 政治経済学・経済史学会
日本地域経済学会
日本中小企業学会
経済地理学会
企業家研究フォーラム
北海道自治体学会
専門分野 地域経済学、経済地理学、中小企業論
研究
テーマ
地域経済の活性化に果たす中小企業の役割と地域産業政策

研究活動

研究業績
(10点以内)
学術論文 「中小企業振興条例の現段階」、中小企業季報、2021年1月
学術論文 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と北海道経済」、企業環境年報、2021年1月
学術論文 「中小企業振興条例に基づく地域づくりの成果と課題」『中小商工業研究』(127)、2016年
著書 『よくわかる中小企業』、ミネルヴァ書房、2020年
著書 「第4章 中小企業政策を考える―発展可能性の模索」岡田知弘・岩佐和幸編著『入門 現代日本の中小企業政策』法律文化社、2016年8月
著書 『21世紀中小企業のネットワーク組織』、同友館、2017年
著書 『地域社会に果たす中小企業の役割(日本中小企業学会論集)』、同友館、2016年
学会発表 「地域経済の活性化とマルチステークホルダー」経済地理学会北東支部2月例会、2020年2月
学会発表 「Measuring Interregional Economic Network based on the Inter-firm Trading Data in Japan」(Yoshifumi IKEJIMA, Hitoshi MIWA, Kenji OGAI) RSA Santiago de Compostela 06/2019
学会発表 「地域資源の活用による価値創造の取り組み―北海道の事例を中心に」(国内)日本中小企業学会 2015年10月
科研費等学外資金による研究 「地域運営組織を核とした農山村型連帯経済モデルの構築に関する研究」 (基盤研究 B、研究分担者)
「フランスの斜陽工業地域における社会連帯経済」(2014~16年度)(基盤研究(B)海外学術調査)(研究分担者)
「北海道における地域産業振興と社会的・人的ネットワーク」(北海道開発協会平成25年度研究助成、研究代表者)
「条件不利地域における循環型地域経済の構築に関する研究」(北海道開発協会平成22年度研究助成、研究代表者)
「経済システムの変化と地方自治体等の地域産業政策・中小企業支援策に関する研究」(基盤研究(B)、2008〜2011年度、研究分担者)
学術賞受賞歴 (財)商工総合研究所 平成22年度 中小企業企業研究奨励賞 準賞 (粂野博行編著『産地の変貌と人的ネットワーク』、第1章執筆)
公的社会活動 札幌市地震被害想定検討委員会(2019年~ )
北海道中小企業家同友会景況調査分析会議(2012年〜 )
別海町中小企業審議会アドバイザー(2013年~ )
恵庭市中小企業審議会 計画推進管理専門部会 (2017年~ )
自治体問題研究所 全国理事(2014年~ )
北海道地域・自治体問題研究所 副理事長(2015年~ )

経済学部教員一覧へ