日本文化専攻カリキュラムJapanese Culture Major Curriculum

日本文化専攻 修士課程

授業科目

科目 単位 科目 単位
言語・思想文化科目
日本文学特殊講義Ⅰ 4 日本文学特殊講義演習ⅠA・ⅠB 各4
日本文学特殊講義Ⅱ 4 日本文学特殊講義演習ⅡA・ⅡB 各4
日本文学特殊講義Ⅲ 4
比較文学特殊講義Ⅰ 4 比較文学特殊講義演習ⅠA・ⅠB 各4
比較文学特殊講義Ⅱ 4 比較文学特殊講義演習ⅡA・ⅡB 各4
日本思想特殊講義Ⅰ 4 日本思想特殊講義演習ⅠA・ⅠB 各4
日本思想特殊講義Ⅱ 4 日本思想特殊講義演習ⅡA・ⅡB 各4
日本語研究特殊講義Ⅰ 4 日本語研究特殊講義演習ⅠA・ⅠB 各4
日本語研究特殊講義Ⅱ 4 日本語研究特殊講義演習ⅡA・ⅡB 各4
日本語研究特殊講義Ⅲ 4 日本語研究特殊講義演習ⅢA・ⅢB 各4
日本語研究特殊講義Ⅳ 4  
比較言語研究特殊講義jⅠ 4 比較言語研究特殊講義演習jⅠA・ⅠB 各4
歴史・環境文化科目
日本史特殊講義Ⅰ 4 日本史特殊講義演習ⅠA・ⅠB 各4
日本史特殊講義Ⅱ 4 日本史特殊講義演習ⅡA・ⅡB 各4
環境文化特殊講義jⅠ 4 環境文化特殊講義演習jⅠA・ⅠB 各4
環境文化特殊講義jⅡ 4 環境文化特殊講義演習jⅡA・ⅡB 各4
環境文化特殊講義jⅢ 4
環境文化特殊講義jⅣ 4
論文指導
論文指導 2

論文指導は修了要件に含みません

指導計画

第1年次
  1. 入学後、主指導教員と共に副指導教員を2名決定し、それらの教員の指導の下に研究計画を立てます。
  2. 入学時の秋に修論の構想に関する発表を全体ゼミの場で行います。
第2年次
  1. 新学期始めに主・副指導教員との相談のうえ、修論のテーマを絞り込みます。
  2. 7月頃全体ゼミの場で修論の構想発表を行います。
  3. 7月以降秋に掛けて主・副指導教員を交えて定期的な論文指導会を持ちます。
  4. 1月初旬に修論を提出します。

修了要件

2年間の標準修業年限内において、研究指導教員の特殊講義4単位、同特殊講義演習8単位とこれら以外の選択科目20単位、合計32単位以上修得し、かつ修士論文審査及び試験に合格することが必要となります。

上記要件を満たした方に、修士(文学)の学位が授与されます。

日本文化専攻 博士(後期)課程

授業科目

科目 単位 科目 単位
言語・思想文化科目
日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅠA~ⅠC
各4 日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅡA~ⅡC
各4
日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅢA~ⅢC
各4 日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅣA~ⅣC
各4
日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅤA~ⅤC
各4 日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅥA~ⅥC
各4
日本言語・思想文化論文指導特殊演習
ⅦA~ⅦC
各4
歴史・環境文化科目
日本歴史・環境文化論文指導特殊演習
ⅠA~ⅠC
各4 日本歴史・環境文化論文指導特殊演習
ⅡA~ⅡC
各4
日本歴史・環境文化論文指導特殊演習
ⅢA~ⅢC
各4 日本歴史・環境文化論文指導特殊演習
ⅣA~ⅣC
各4
論文指導
論文指導Ⅰ・Ⅱ 各2

論文指導は修了要件に含みません

指導計画

第1年次
  1. 入学後、主指導教員と共に副指導教員を2名決定し、それらの教員の指導の下に研究計画を立てます。
  2. 夏休み前に博士論文につながる研究発表を全体ゼミの場で行います。
第2年次
1年次とほぼ同様の流れで研究を進めます。
第3年次
  1. 新学期始めの指導教員決定後、論文提出に至るまで定期的に論文指導会を持ちます。
  2. 12月初めの提出に至るまでの流れは1・2年次と同じです。
  3. 論文提出期限の1ヶ月前までには、論文受理の可否が判定されます。

修了要件

3年間の標準修業年限内において、研究指導教員の特殊演習A・B・C12単位を修得し、かつ博士論文審査及び試験に合格することが必要となります。

上記要件を満たした方に、博士(文学)の学位が授与されます。