開発研究所2019年度研究会 北海道の「遺産」とこれからの北海道開発Event

11/27Wed.

開発研究所2019年度研究会 北海道の「遺産」とこれからの北海道開発 終了しました

開発研究所では、2017年度から北海道の「遺産」に焦点を当てた総合研究に取り組んでいます。その一環として、今年5月の「炭鉄港(たんてつこう)」の日本遺産登録の立役者である吉岡宏高先生をお招きし、これまでの取組と今後の課題についてお話をしていただきます。奮ってご参加ください。

テーマ 北海道の「遺産」とこれからの北海道開発
日時 2019年11月27日(水)18:00~20:30
内容 ①基調講演:「炭鉄港」の取り組みから見る北海道の産業遺産の現状と課題」(18:05~)
講師:吉岡宏高氏(NPO法人炭鉱の記憶推進事業団理事長、札幌国際大学教授)
②ディスカッション(19:40~)
進行:小坂直人(北海学園大学経済学部名誉教授)
対象 研究所研究員、学生・大学院生、テーマに関心のある市民・地域づくり関係者の方々
会場 北海学園大学豊平キャンパス7号館4階D41教室
(地下鉄東豊線「学園前」駅直結。駐車場はありません。近隣の有料駐車場をご利用ください。)
申込み 不要(参加無料) ※会場まで直接お越しください。
お問い合わせ 北海学園大学開発研究所(Eメール: kaihatsu〇hgu.jp / TEL: 011-841-1161)
※〇を@に置き換えて下さい。

イベントの一覧へ