工学部教員プロフィールFaculty Members Profile of Faculty of Engineering

工学部 電子情報工学科

魚住 純(ウオズミ ジュン)教授UOZUMI Jun

主要
担当
科目

学士課程
電子計測
修士課程
画像計測工学特論
博士(後期)課程
光システム工学特別講義I
最終学歴 北海道大学大学院工学研究科博士後期課程(電子工学専攻)修了
取得学位 工学士(北海道大学)
工学修士(北海道大学)
工学博士(北海道大学)
所属学会 日本光学会
応用物理学会
日本分光学会
電子情報通信学会
近赤外研究会
日本食品科学工学会
Optical Society of America (U.S.A.)
Society for Applied Spectroscopy (U.S.A.)
International Society for Optical Engineering (U.S.A)
Institute of Electrical and Electronics Engineers (U.S.A)
専門分野 光工学、光物理学、電子情報工学
研究
テーマ
光物理学・光工学・画像工学の基礎と情報処理・計測への応用

研究活動

研究業績
(10点以内)
学術論文 「Phase-controlled fractional derivatives for near infrared spectral processing」(単著)『Asian Journal of Physics』, Vol. 27, No. 9-12, (Anita, 2018)
学術論文 「Analysis of blood coagulation process based on fractality and dynamic characteristeic of laser speckle pattern」(共著:N. Yokoi, Y. Aizu)『Journal of Biomedical Optics』, Vol.24, No. 3, pp. 031018-(1-7), (SPIE, 2018)
学術論文 「準ラインイメージセンサによるSP盤の非接触音再生」(共著:クーン トビアス)『工学研究』(北海学園大学大学院工学研究科),第17号,21-37,2017年9月
学術論文 「位相制御非整数次積分による画像処理効果 ―フィルタ関数に関する予備的考察―」(単著),『北海学園大学工学部研究報告』,第43号,27-38, 2015年
学術論文 「Surface-enhanced Raman scattering active substrates by liquid flame spray deposited and inkjet printed silver nanoparticle」(共著:J.J.Saarinen, D. Valtakari, J. Salminen, J. M. Maketa)『Optical Review』, vol.21, No. 3, pp. 339-344, (Springer, 2014)
学会発表 「Fractality of biospeckle pattern observed in blood coagulation process」(共著:N. Yokoi, Y. Aizu),『Biomedical Imaging and Sensing Conference (BISC'18)』 Yokohama, Japan, 2018年4月
学会発表 「Fundamental study on blood flow imaging based on fractal dimension of biospeckles」(共著:N. Yokoi, Y. Aizu),『24th Congress of International Commission for Optics (ICO24)』 Tokyo, Japan, 2017年8月
学会発表 「Enhancement of spatial resolution in digital holographic microscopy using speckle field generated from ring-slit apertures」(共著:H. Funamizu, Y. Onodera, Y. Aizu)『Optical Measurement System for Industrial Inspection X, Optical Metrology』, Munich, Germany, 2017年6月
学会発表 受賞講演:「Probing into randomness with light and statistics」(単著)『5th Asian Near-Infrared Symposium (ANS2016) / 32th Japanese NIR Forum』, Kagoshima, Japan, 2016年11,12月
その他 解説:「スペクトル解析技法 ―近赤外分光法における回帰を中心に―」(単著),『光アライアンス』第28巻,第6号,41-47,日本工業出版,2017年
科研費等学外資金による研究 平成25年度-平成28年度 科学研究費補助金・基盤研究(A)「蝋管等初期録音資料群の音源保存,音声復元,内容分析,情報共有に関する横断的研究」(分担研究者)
学術賞受賞歴 JCNIRS Award 2016 (近赤外研究会)
公的社会活動 Section Editor, Journal of the European Optical Society: Rapid Publications
Representative of Japan, Asian NIR Consortium
近赤外研究会 理事

工学部教員一覧へ